これらが固まると歯石となり

みなさんは高いと思っているのではないかと思いますが、インプラントは技術の習得など色々大変で多くのコストがかかりますので、歯科医院側の都合も理解しましょう。

インプラントの利点は、入れ歯やブリッジとは違い、周囲の歯にかかる負担を減らすことができるという点です。

真面目に経営している歯科医であれば費用については間違いなく解説してくれますので、治療に先立って理解できるまで質問して、納得してからお金を払いましょう。

歯周病とは、歯垢のストレプトコッカス・ミュータンス菌が原因で歯に炎症が起き、歯の骨が溶けてしまう疾患で、歯周病をきっかけとして歯がなくなることもあります。

産まれたての赤ちゃんを除けば、口腔内には300種類~400種類くらいの種類の細菌がいるのですが、これらの細菌が固まって歯石となり、歯石は歯肉の炎症へと移行するのです。

歯周病の原因は口腔ケアが不十分なこと以外にもたくさんあり、歯ぎしり、食習慣、喫煙、ストレス、糖尿病、骨粗鬆症、薬の長期服用などがあります。

歯周病は医学が発達してその進行を阻止することも可能になってきましたが、やはり完治させることはできないので、大前提として予防するつもりでいることが必要です。

そのため、虫歯にしても歯周病にしても、まずは歯磨きがすべてと言っても過言ではありませんので、歯医者でブラッシングを教えてもらい、絶対に未然に予防できるよう頑張りましょう。

笑った時の歯の色にコンプレックスを持つ人が検討する方法の1つがホワイトニングです。

ホワイトニングはすべて歯医者さんにおまかせというのが基本と言えば基本ですが、自分1人でもできるホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、患者オリジナルのマウスピースを作って、そこに専用のホワイトニング薬を投入して2日に1度、2時間くらいはめ続けることで実行します。

ホワイトニングは、1週間から2周間程度でお金を払った甲斐があったと感じるのが一般的なペースですが、毎日マウスピースを使っていなかったり、適当に扱っていれば、もっとかかることもあります。

ホワイトニングで実現できる歯の白さのレベルは普通の人の予想を越えますが、明石家さんまみたいに異常なほど白くなることは期待してもそこまで到達しません。
スロージューサー

なお、薬剤の原料は体に悪いものではないですが、アレルギーを持っているような人の場合は注意が必要ですので、最初から歯科医師に伝えないと責任転嫁できません。